about us

シェフモノクロ.jpg
「カランクについて」

「カランク」とは、地中海沿岸に面した南フランスにある、石灰石に囲まれたとても美しい入り江のこと。神秘的な自然と温暖な気候、乾いた空気、太陽の恵みをたっぷりと受けた植物が点在する様子はまるで絵画のような情景です。私がフランスで学んでいたころ、時に吹き寄せるミストラル、海の素材やカラフルな野菜が豊富であるこの土地に魅了され、何度も訪れていました。そして、私が大好きなブイヤベース発祥の地でもあり、この時の感動を料理で表現したいと考え、この名前を名付けました。

 

 

 「シェフの思い」

私が南フランスのマルセイユで学んでいたころ、メニューを決めて素材を仕入れるのではなく、その日獲れた新鮮な素材を見て、その素材をベースにメニューを考え、素材の状態に合わせた調理法で提供していることに大変驚きました。海が近く、温暖な気候の湯河原はマルセイユに似ています。目の前に広がる相模湾は海の素材の宝庫。この土地で育まれた素材を大切に、香りを最大限に引き出す調理法でお届けしたい、そして新鮮な魚介を気軽に楽しめるレストランとして、足を運んでいただきたいと思っています。